寄付講座の研究目的

品質および医療にかかる知識技術を基盤とする社会システム工学の確立

品質(質保証・質マネジメント)と医療(ヘルスケア)は,社会が全体として保有すべき社会技術です.社会の安全・安心・活力の持続性のために,人間中心設計・品質管理工学・サービス学・ヒューマンファクタエンジニアリング,システム工学,社会工学的アプローチを適用し,品質概念と健康概念の社会への取り組み・複雑系システムの品質マネジメント・製品サービスシステムの設計・複雑系サービスのひとつである保健医療および介護の科学化・医療介護組織の質中心経営を実現し,活力ある価値共創社会の実現に貢献いたします.



寄付講座の研究内容・研究課題

  • 社会技術基盤としての品質(品位ある質)・医療(健康)にかかる要素抽出と知識の構造化
  • 製品サービスシステムの設計
  • サービス品質にかかる標準化
  • ホワイトカラー(事務・管理職)の業務にかかる品質管理
  • 自治体サービスの品質管理
  • ヘルスケアサービス研究により得られた知見の産業応用と産業展開
  • 健康および,保健・医療・介護サービスの向上に資する産業化
  • 高度複雑なサービスである医療から得られるTQM(Total Quality Management)システムモデルの一般サービスへの適用
  • 状態適応型モデルの産業適用
  • 質安全保証・質経営のための保健・医療・介護TQMシステムの設計・構築・改善の方法論
  • 臨床知識構造化ツールとしての患者状態適応型パス統合化システム(PCAPS)の開発・運用と一般展開
  • 急性期医療,慢性期医療,検診(事業所検診・一般検診),介護(施設・在宅),出産,ターミナル,およびそれらの連携を推進する患者状態適応型パス電子コンテンツの開発
  • がん診療プロセスの質評価指標開発・改善管理システム開発
  • ヒューマンファクタに注目した医療安全トータルマネジメントシステム
  • 合理的・妥当な介護ケアプラン作成支援システム開発
  • 医療・介護の安全・安心・効率・効果を実現するロジスティックシステム開発




期待される成果

  • QualityとHealthを基盤とする社会の構築
  • サービスの質にかかる標準化の推進
  • 製品サービスシステム設計のための方法論
  • ヘルスケア・自治体サービス・産業の改善とイノベーション
  • 医療・介護サービスの標準化とプロセス管理による医療安全と質の保証
  • 持続的成長メカニズムを組み込んだ自律型医療・介護組織の実現
  • 国民が安心して生活できる地域医療介護リソース統合システムの実現




Healthcare Social System Engineering

医療社会システム工学

医療社会システム工学

医療は社会が全体として保有すべき「社会技術」です.ここでいう社会技術とは,経済原理などの単純なインセンティブによって健全な発展を望むことが難しく,何よりもその良し悪しが社会に与える影響が大きく,社会全体として何らかの方法論を有していなければならないような思想や方法論の全体を意味しています.医療は,この意味での社会技術として確立しなければ,質・安全を確保できない難しさを内在した分野です.

医療に対するこうした認識のもとに,医療の安全・安心・質保証のために,構造化知識工学,ヒューマンファクタエンジニアリング,システム工学,質マネジメント,社会工学アプローチを適用し,医療の質安全保証,医療質経営,組織の持続的成長の実現のために必要な概念・方法論・手法からなる「医療社会システム工学」とも呼ぶべき学問領域の確立が望まれています.

本講座は,こうした現代の社会ニーズに応える「医療社会システム工学」の確立を目的として2006年に設置され,精力的な研究,教育,社会技術化活動を進めております.